消費者金融は勤め先に連絡がある?ないところはココ!

消費者金融の利用するときに、勤務先への電話の連絡が気になると思います。オペレータ個人名での電話であっても、何となく「消費者金融の利用がバレてしまうかも?」と不安に感じるものです。

できれば勤務先への連絡なしで利用できる消費者金融がいい、という場合は、消費者金融の中でもモビット、あるいは、アイフルを選ぶのがおすすめです。どちらも電話による在籍確認なしでの申込みが可能ですので、初めての消費者金融でも安心して利用できます。

■電話による在籍確認の意味について

まず、「消費者金融に申し込むとお勤め先に電話がかかる。」ことの意味が分からない人もいると思います。

キャッシングの申込みで勤務先に電話がかかるのは、審査項目で入力した「お勤め先の情報」に間違いがないかどうかを確認するためのものです。

お勤め先の名称が正しいことはもちろん、入力した電話番号に間違いがあると大変なので、それを確認しなければならないからです。

また、ごく一部の申込み者ですが、お勤めをしていないのにしているふりをして申し込む人がいるのも事実です。偽りの勤務先でお金を貸さないようにするため、という側面があるのも在籍確認の特徴になります。

■電話以外の在籍確認の方法について

在籍確認は、お勤め先の情報が正しいことを確認できればいいので、必ずしも「電話をかける」方法でなければならないというものではありません。消費者金融のモビットやアイフルでは、電話による在籍確認の代わりに
・健康保険証に記載されているお勤め先の情報(社会保険証)
・直近2ヶ月分の給与明細書
を提出することで、電話連絡なしの申込みを可能としています。

電話連絡による在籍確認が行われたとしても、それをきっかけに借金がばれる心配はありません。しかし、どうしても消費者金融からの電話が気になる場合は、モビットやアイフルに申し込むのもおすすめです。

■電話連絡なしの申込みについて

モビットは、三井住友銀行グループの消費者金融です。モビットで電話連絡なしにするためには、「WEB完結」という申込み方法を選択します。
また、アイフルで電話連絡なしにするためには、通常の申込みをした後、携帯電話に申込み確認の電話がありますので、そのタイミングで希望を伝えるようにします。

モビットもアイフルも大変人気がある消費者金融ですので、電話連絡なしにできるだけでなく、初めてのキャッシングでも安心して申し込めるのではないでしょうか。

消費者金融の申込みで嘘をつくとどうなる?

消費者金融の審査に不安があると、「申込みで嘘をついてしまおうか。。。」という気になるかもしれません。しかし、キャッシングの審査で嘘をついて得をすることはなく、むしろ、損をしてしまうのが事実です。消費者金融の審査の担当者はプロ中のプロですので、そう簡単に騙せる相手ではないということを肝に銘じてください。

■消費者金融の申込みで嘘がばれる理由とは?

消費者金融の申込みで嘘をついたとしても、意外にも簡単に見破られてしまいます。

たとえば、他社の借入残高や借入件数などについて過小に申告したとしても、信用情報機関のデータと照合することで本当かどうかが確認できます。また、お勤め先の情報を嘘で伝えたとしても、在籍確認で本当かどうかが分かりますよね。

さらに、勤続年数などについても、不自然さを感じるものですので、正直に伝えた方が懸命です。

つまり、消費者金融の申込みで「嘘をつきたい」と思う部分については、嘘をついてもばれるようになっているということです。

■2社目以降の申込み審査で不利になる!

消費者金融の申込みで嘘がバレれば、当然、審査に通ることはありません。審査に通らないばかりか、2社目以降の消費者金融の申込みにも悪影響を与えます。

本来であれば、審査落ちするはずがない人が審査に落ち、別の消費者金融の申込みをしたとします。2社目の審査の担当者は、
「審査落ちするはずないのに・・・。」
「何かがあるから、落ちたんだ。。。」
と疑いの目で見るようになります。

つまり、通るべき審査に通らなかった、という時点で、何らかの訳ありの利用者という扱いになってしまうということです。

■嘘をついた消費者金融には二度と申し込めない!

嘘をついた消費者金融に再度申込みをしても、審査に通ることはないと思います。過去に嘘をついてお金を借りようとした人に、「改めてお金を貸そうという気になるか?」と考えると分かると思います。

一度でも嘘をついてしまうと、その後、信用を取り戻すのに膨大な時間を要してしまいます。「審査が不安」という自信がないのは誰でも同じですが、嘘をつく人と付かない人とでは大きな違いがあることを理解してください。

■不安があるからこそ正直に現状を伝えよう!

誰でも消費者金融の申込みに不安を感じるものです。不安を感じるから申込みで嘘をつくのではなく、不安だからこそ、正直に今の状況を伝え、自分の身の丈に合った限度額を設定してもらうのがいいのではないでしょうか。

消費者金融の申込み履歴はいつまで残る?

消費者金融の申込み履歴がいつまで残るのか?と気になるかもしれませんが、あまり気にする必要はありません。消費者金融の審査は、金融機関ごとに基準も異なりますし、似たような属性の人が同じ審査を受けても、希望どおりになることもあれば、ならないこともあるからです。

しかし、それでも申込み履歴について気なる場合は、次の信用情報機関の基本的な内容について確認してみてください。

■申込み履歴を残している信用情報機関とは?

まず、消費者金融への申込んだ履歴を保存しているのは、信用情報機関という組織です。具体的には、日本信用情報機構(J ICC)と株式会社シーアイシー(CIC)の2つの信用情報機関があります。

これらの信用情報機関では、
・申込み履歴
・契約、解約の情報
・延滞情報
・債務整理
などの情報を収集し、データベースに登録しています。

登録されたデータの種類によりますが、一定の期間が経過するまでは、他の消費者金融やクレジットカード会社が閲覧できるようになっています。

■信用情報機関に「申込み履歴」が残される期間とは?

信用情報機関に登録されたデータの保存期間は、信用情報機関ごとの基準によって決められています。また、登録されたデータの種類によっても、保存期間の長さが異なっています。

申込み履歴については、おおむね、信用情報機関に登録されてから1ヶ月を超えない範囲で保存されています。つまり、1ヶ月以内の消費者金融の申込みは、2社目以降の金融機関が「最近、別の消費者金融には申し込んだんだ・・・。」と分かるということです。

■過去に申し込んだ消費者金融の申込み履歴は残っているか?

また、消費者金融がそれぞれ保有している個人のデータもありますが、過去の申込み履歴は、将来にわたって保存していると思います。

つまり、先月、申込みをした消費者金融の申込み履歴は、その消費者金融では、将来ずっと残されるということです。

そのため、「申込み審査でのウソ」が原因で審査落ちとなってしまうと、その後、その消費者金融での利用が難しくなると思います。審査でのウソは、何もいいことがありませんので、正直に審査に臨むようにしましょう。

■初めての利用なら2社目までは気にせず申込み!

キャッシングの利用が初めてなら、2社目までは、申込み履歴を気にせずにいてもいいと思います。一度くらいは審査に落ちることもありますので、「2社目だから。」と心配する必要もありません。

消費者金融の融資可能額はどれくらい?

消費者金融を利用すると、「一体いくらまで借りられるのか?」と考えたことはありませんか?消費者金融は、銀行よりも高額融資ができないといわれますが、それでも最高300万円~500万円は限度額が認められています。

消費者金融の融資可能額は、法律の総量規制によっても影響を受けていますので、そのあたりの基本的な知識について確認してみてください。

■融資可能額と総量規制の関係について

まず、消費者金融の融資可能額は、金融機関ごとに「最高300万円」とか「最高500万円」などと決まっていますが、あくまでも総量規制の範囲内での融資となります。

総量規制というのは、消費者金融が守るべき法律の1つ、貸金業法に決められているルールのことで、融資の上限額を定めたものです。具体的には、消費者金融がお金を貸す場合、「借りる人の年収の3分の1を超える融資となってはいけない」というのが総量規制です。

年収300万円なら100万円まで、年収600万円なら200万円まで、という範囲内で融資可能額が決まっています。

■初回は融資額が少ないって本当?

また、消費者金融の利用履歴が浅い場合は、融資可能額が低めに設定されるのが一般的です。個人のお金の貸し借りでも同じですが、最初から大金を課すのは、「リスクが大きすぎる」というのが理由です。

消費者金融の利用が初めてで、いきなり限度額300万円、400万円となるのは、ごくごく稀なケースだと思ってください。最初は必要最小限の希望額を伝え、徐々に限度額を上げていくようにするのがポイントになります。

■融資可能額を増やすためにできること

融資可能額を増やすためには、自分の年収アップを目指すだけでなく、信用も上げていかなければなりません。毎月の返済を確実にこなすようにし、計画的に利用するだけで信用が上がります。

「この会員は信用できる!」と消費者金融に思われれば、オペレーターから「増額しませんか?」というお知らせも来るようになります。

■融資可能額が大きいおすすめの消費者金融!

できるだけ融資可能額が多い消費者金融を希望しているなら、プロミスを選んでみてはいかがでしょうか。

プロミスは、三井住友銀行グループという安心感があるだけでなく、最大500万円までの融資可能額が認められます。「運転免許証」などの本人確認書類を用意してインターネットから申込みをすれば、「最短30分」で今の融資可能額が確認できますよ。

消費者金融 団体信用生命保険とは?

消費者金融の団体信用生命保険というのをご存知ですか。団体信用生命保険は、正確には、消費者信用団体生命保険と言うものです。

簡単にいうと、お金を借りた人が万一、事故や病気で亡くなった際、消費者金融が損失を回避するために加入してもらう保険のことをいいます。もちろん、加入する際の保険金は、消費者金融が支払うことになりますが、現在では、団体信用生命保険が廃止される方向で話が進んでいます。

■団体信用生命保険の問題点について

消費者金融の団体信用生命保険が問題となっているのは、会員の万一の時とはいえ、命と引き換えにお金を受け取っている、という点にあります。

消費者金融の会員が死亡したり、コードの障害を負ってしまった場合、最高300万円の保険金が消費者金融に支払われる仕組みになっています。

この保険は、遺族や家族に保険金が支払われ、そこから借金を返済するのではなく、直接、消費者金融が受取人になっている点に問題があるといわれています。利用者の側からすると、団体信用生命保険があるおかげで消費者金融が利用しやすくなっていますので、将来、消費者金融の審査がさらに厳しくなることもあるのではないでしょうか。

■もしものときの借金はどうなる?

しかし、自分に万が一のことがあった際、残った「消費者金融の借金がどうなるのか?」という点が分からない人が多いと思います。

自分が死亡した後の借金は、現金や預貯金などの資産とともに、相続人に相続されるのが基本です。ただし、資産よりも借金が多い場合は、相続人は、相続を放棄することができます。

つまり、自分が死んだからといって、残っている借金が家族にいくわけではありません。あくまでも、自分だけの責任で消費者金融からお金を借りれますので、家族の誰かに迷惑をかけるということにはなりません。

■消費者金融の利用は計画的に行う!

団体信用生命保険があるかどうかに関係なく、消費者金融の利用は計画的に行うのが理想です。

消費者金融のホームページには、返済プランを作るための「返済シミュレーション」が用意されているのが一般的です。

希望する金額や毎月の返済額を入力すれば、利息の負担額なども簡単に分かります。さらに、自分が返済できる毎月の返済額から、最高いくらまで借金できるかも瞬時に分かるようになっています。

消費者金融を利用する際は、必ずローン返済のシミュレーションを行って限度額を決めるようにしましょう。

消費者金融で土日でも借りれる所はある?

金融機関は、土日や祝日がお休みであることが一般的ですが、大手の消費者金融に限っては、土日でも借り入れできるところが多くあります。

土日の即日融資となると数が限られてきますが、プロミスやレイクなら、土日や祝日でも即日融資が不可能ではありません。ただし、必要書類が用意できていることと、土日の審査時間帯が短くなっている点に注意するようにしましょう。

■土日の消費者金融への申込みの注意点とは?

土日の消費者金融の申込みにおける注意点は、
1.審査をしている時間帯が短い場合がある
2.収入証明書類の用意が難しい
の2点です。

まず、土日でも審査をしている消費者金融はありますが、土日は夕方で審査が終了、というケースも多くあります。消費者金融の利用を迷っている時間が長いと、その分だけ、即日融資に失敗しやすくなるのはいうまでもありません。

また、所得証明書や納税証明書などは、土日や祝日に取得するのは困難です。希望額が少なければいいですが、所得証明書が必要になる金額を借りる場合は、できるだけ早めに書類を用意しておくことが重要です。

以上をまとめると、土日の消費者金融の申込みでは、必要書類を早めに用意し、できるだけ早く申込みを済ませるのがポイントになります。

■土日の消費者金融のおすすめはプロミスとレイク!

土曜日や日曜日に消費者金融に申し込むなら、消費者金融のプロミス、あるいはレイクを選んでみてはいかがでしょうか。

プロミスのカードローン審査の時間帯は、9時~21時までとなっています。レイクについても、8時10分~21時50分までの時間帯で審査をしていますので、土日でも余裕をもって申し込めるようになっています。

さらに、どちらも無利息期間が充実していますので、初めての消費者金融の申込みでも不安が少ないと思います。

表面上のキャッシングの利率は18%近くになっていますが、無利息を利用すれば、実質的な金利を大幅に減らすことが可能です。

■土日の申込みから現金受け取りまでの流れについて

土日に消費者金融に申し込むときは、パソコンやスマートフォンから申込み手続きを行います。申込み手続きが済んだら、カード受け取りのための自動契約機の場所を確認してください。

審査結果の連絡を受けたら、最寄りの自動契約機でローンカードを受け取ります。カード受け取りに成功すれば、最寄りのコンビニエンスストアのATMでお金を引き出せるようになります。

キャッシングはボーナス払いはできる?

キャシングの利用が初めての方のなかに、「ボーナスをもらったら一括で返済しよう」と考えてる方がいると思います。ボーナスまでの数ヶ月、という場合は、「ボーナスでの一括払い」ができるかどうかが問題だと思います。

しかし、中小の消費者金融をはじめ、キャッシングのボーナス払い、一括払いは、できない決まりとなっていることが多くあります。大手の消費者金融は一括払いに対応していますので、プロミスやアコムなどを利用するのがおすすめです。

■すべての金融機関でボーナス払いできるとは限らない!

まず、すべての金融機関でボーナス払いができるわけではない、という点に注意が必要です。ボーナスが出たら一括返済を予定していたのに、少しずつしか返済できない、となると、その分だけ利息の負担も大きくなります。

好きなときに好きな金額だけ返済できる、というのは、大手の消費者金融や銀行カードローンしか対応できていません。そのため、ボーナス払いを予定して借り入れする方は、中小の消費者金融ではなく、大手の消費者金融、銀行のカードローンを利用するようにしましょう。

■毎月の返済額を考慮して借り入れ!

ボーナス払いに対応できる消費者金融でも、それまでの毎月の支払いがなくなるわけではありません。

たとえば、ボーナスが翌々月末に出るとするなら、今月と来月は、キャッシングの返済期日があるということです。

ボーナスが出るまで1円も返済しない、という利用のしかたはできませんので、その点にだけ注意するようにしてください。

もし、毎月の返済に余裕がないというのであれば、ボーナスが出るまでの返済額も含め、少し多めに借り入れするのがポイントとなります。

■ボーナス払いに対応しているのはプロミス!

ボーナス払いに対応しているキャッシングで人気があるのは、消費者金融のプロミスです。プロミスのキャッシングは、アルバイトやパートの人にも人気ですが、いつでも好きな金額を返済できるのが人気の背景にあります。

さらに、30日間無利息が用意されていますので、金利の負担も大幅に減らすことができます。ボーナスによる一括払いをする場合でも、ATMで入金するだけで済みます。

ただし、消費者金融のプロミスは、総量規制の影響があるキャッシングです。年収の3分の1超のお金を借りようとしている方は、三菱東京UFJ銀行のバンクイックやソニー銀行カードローンなどの総量規制対象外から選ぶようにしましょう。

親バレせずにキャッシングする方法!

学生がキャッシングする際の共通の悩みは、やはり、「親バレしたくない」という点にあると思います。親にお金を借りたことがバレてしまうと、お金の使い道を詮索されたり、心配をかけてしまうこともあります。

自分だけの責任で学生がキャッシングするには、親バレせずに申し込むことが何よりも重要です。親バレしないためのポイントについてまとめましたので、よく理解した上で申し込むようにしましょう。

■親バレしてしまう原因はコレ!

学生がキャッシングしているときにお呼ばれしてしまう原因では、「カードが親に見つかった!」というのが多くあります。

キャッシングしたばかりの頃は、緊張感をもってカードを管理していたとしても、時間の経過とともに、気持ちが緩んでしまうこともあります。キャッシングのカードが親の目につくところに置いてあれば、当然、「このカードは何なの?」といわれてしまいます。

最後の最後まで親バレしたくないのであれば、カードの保管方法などもしっかりと考えておく必要があります。

■毎月の返済は余裕をもって計画を立てよう!

また、キャッシングで無理な借り入れをしてしまうと、返済が遅れ気味になり、自宅に届く請求書で親バレしてしまうことがあります。これを避けるためには、できるだけ余裕のある返済プランを立て、返済日を忘れないようにすることです。

万一、決められた返済期日に入金が間に合わないときでも、自分から金融機関に連絡を入れ、郵送物が送られないようにする必要があります。郵送物で親バレしてしまうというのは、思っている以上に多くありますので、十分注意するようにしましょう。

■親にばれない申込み方法

親にばれないためには、キャッシングの申込み方法も注意が必要です。郵送物が必須となる電話や郵送による申込みは避けるようにし、インターネット申込みを選ぶべきです。

スマートフォンやパソコン、タブレット端末で申し込めますので、金融機関の公式サイトから融資の申込みをするようにしましょう。

■学生が親バレしないキャシング会社!

学生が親バレせずに安心して利用できるキャッシング会社では、やはり、消費者金融のプロミスがおすすめです。

学生の多くが初めてのキャッシングに選ぶサービスでし、無利息期間も充実しているので安心です。プロミスの利用が初めてなら、初回借入日から30日分の利息は1円もかかりません。借り入れに不安がある学生にもおすすめですので、公式サイトをチェックしてみてはいかがでしょうか。

キャッシングで限度額を引き上げできる条件とは?

キャッシングを利用している中で「限度額を引き上げて欲しい!」と感じることがあると思います。一時的にまとまったお金が必要になったり、別会社ローンを1つにまとめたいと思うときに限度額の引き上げが必要になります。

しかし、キャッシング限度額は、自分から希望しても、なかなか希望どおりには引き上げてもらうことができないのも事実です。限度額引き上げに必要な条件などを確認し、自分に合った方法で追加融資を受けるようにしましょう。

■総量規制と限度額の関係について

限度額の引き上げが簡単でないのは、消費者金融の総量規制があるためです。総量規制というのは、消費者金融が融資できる金額の上限を法律で決めたものです。

具体的には、プロミスやアコムなどの消費者金融が融資をする場合は、利用者の年収の3分の1を上回ってはいけない、というものです。法律による制限になりますので、希望しても限度額が増やせない場合があるということです。

■限度額増額の審査の厳しさについて

キャッシングで限度額を引き上げるためには、増額のための審査を受けなければなりません。増額の審査は、初回、申込み時の少ない限度額を希望する審査よりも厳しくなると予想できます。

10万円を希望している人の審査と、50万円を希望する人の審査では、当然、金額が多い50万円の審査が厳しくなりますよね。さらに、他社の借入れ状況やクレジットカードの返済状況によっては、現状の限度額すら維持できない場合があります。

信用情報に問題が生じていると、今使えているキャッシングのカードが利用停止になる場合があるということです。今のカードが使えず、返済専用のカードになってしまうのだけは、絶対に避けたいと思いますよね?

■限度額引き上げよりも別会社でキャッシング!

一時的に追加融資が必要となっているだけなら、別会社のキャッシングを利用する方が安全です。

今のキャッシングのカードが使えなくなる心配はありませんし、最悪でも現状維持を保つことができます。総量規制の問題があるなら、銀行のカードローンを選ぶだけです。

バンクイックやレイク、ソニー銀行カードローンなどは、どれも年収の3分の1超の融資が可能です。100万円までは収入証明書も用意しなくて済みますので、申込手続きが面倒ということもありません。

キャッシングで限度額を引き上げる方法もいいですが、別会社を利用してお金を用意してみてはいかがでしょうか。

キャッシングの審査で見られている審査項目とは?

始めたキャッシングでは、誰でも審査に不安を感じると思います。どのような審査項目があり、どの点が重視されているのか、などは、誰でも関心があると思います。

しかし、キャッシングの審査基準は、金融機関ごとに個別に定められていますので、私たちが正確に把握することは不可能です。一般的に言われている審査項目について説明しますので、申込みの参考にしてみてはいかがでしょうか。

■年収と認められる限度額の関係について

まず、プロミスやアコム、モビットなどの消費者金融を選ぶ方は、審査項目の「年収」と「希望額」の関係について理解しておく必要があります。消費者金融は、法律による制限を受けていますので、好きなだけ融資できるというわけではありません。

貸金業法の総量規制というルールがあり、消費者金融は、年収の3分の1を超えて、お金を貸せない仕組みとなっています。たとえば、毎月10万円のアルバイト収入がある人は、年収が120万円ですので、その3分の1の40万円が融資できる上限額ということです。

■アルバイト・パートでは不利!?

また、審査項目で「アルバイトやパートは不利か?」と考える人がいますが、必ずしも、そのようなことはありません。毎月、安定して決められたお金を稼いでいれば、とくに不利になるものではありません。

アルバイトやパートでも自信をもって審査が受けられますので、「アルバイトだから・・・」とネガティブに考えないようにしましょう。

■別会社の返済状況の影響について

結果に大きく影響する審査項目では、「別会社の返済状況」があります。別会社からお金を借りていても大丈夫ですが、その返済が遅れていると、審査が厳しくなる可能性があります。

携帯電話の支払いやクレジットカードの引き落とし、その他の支払い状況について確認するようにしてください。

■結局、正直者が得をする!

審査項目で一番重要なポイントは、正直に自分の状況を伝えているかどうか、つまり、正直かどうかという点にあります。別会社の借入残高や借入件数などで嘘をつく人がいますが、それだけは、絶対にやめてください。

信用情報機関に登録されているデータにアクセスすれば、別会社との取引状況をも簡単に確認できます。

つまらないウソをついてしまうと、そのキャッシング会社が二度と利用できなくなることもあります。「正直者は得をする!」というつもりで審査に臨むのが、一番の審査の対策になるのではないでしょうか。