キャッシングで限度額を引き上げできる条件とは?

キャッシングを利用している中で「限度額を引き上げて欲しい!」と感じることがあると思います。一時的にまとまったお金が必要になったり、別会社ローンを1つにまとめたいと思うときに限度額の引き上げが必要になります。

しかし、キャッシング限度額は、自分から希望しても、なかなか希望どおりには引き上げてもらうことができないのも事実です。限度額引き上げに必要な条件などを確認し、自分に合った方法で追加融資を受けるようにしましょう。

■総量規制と限度額の関係について

限度額の引き上げが簡単でないのは、消費者金融の総量規制があるためです。総量規制というのは、消費者金融が融資できる金額の上限を法律で決めたものです。

具体的には、プロミスやアコムなどの消費者金融が融資をする場合は、利用者の年収の3分の1を上回ってはいけない、というものです。法律による制限になりますので、希望しても限度額が増やせない場合があるということです。

■限度額増額の審査の厳しさについて

キャッシングで限度額を引き上げるためには、増額のための審査を受けなければなりません。増額の審査は、初回、申込み時の少ない限度額を希望する審査よりも厳しくなると予想できます。

10万円を希望している人の審査と、50万円を希望する人の審査では、当然、金額が多い50万円の審査が厳しくなりますよね。さらに、他社の借入れ状況やクレジットカードの返済状況によっては、現状の限度額すら維持できない場合があります。

信用情報に問題が生じていると、今使えているキャッシングのカードが利用停止になる場合があるということです。今のカードが使えず、返済専用のカードになってしまうのだけは、絶対に避けたいと思いますよね?

■限度額引き上げよりも別会社でキャッシング!

一時的に追加融資が必要となっているだけなら、別会社のキャッシングを利用する方が安全です。

今のキャッシングのカードが使えなくなる心配はありませんし、最悪でも現状維持を保つことができます。総量規制の問題があるなら、銀行のカードローンを選ぶだけです。

バンクイックやレイク、ソニー銀行カードローンなどは、どれも年収の3分の1超の融資が可能です。100万円までは収入証明書も用意しなくて済みますので、申込手続きが面倒ということもありません。

キャッシングで限度額を引き上げる方法もいいですが、別会社を利用してお金を用意してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です