キャッシングの審査で見られている審査項目とは?

始めたキャッシングでは、誰でも審査に不安を感じると思います。どのような審査項目があり、どの点が重視されているのか、などは、誰でも関心があると思います。

しかし、キャッシングの審査基準は、金融機関ごとに個別に定められていますので、私たちが正確に把握することは不可能です。一般的に言われている審査項目について説明しますので、申込みの参考にしてみてはいかがでしょうか。

■年収と認められる限度額の関係について

まず、プロミスやアコム、モビットなどの消費者金融を選ぶ方は、審査項目の「年収」と「希望額」の関係について理解しておく必要があります。消費者金融は、法律による制限を受けていますので、好きなだけ融資できるというわけではありません。

貸金業法の総量規制というルールがあり、消費者金融は、年収の3分の1を超えて、お金を貸せない仕組みとなっています。たとえば、毎月10万円のアルバイト収入がある人は、年収が120万円ですので、その3分の1の40万円が融資できる上限額ということです。

■アルバイト・パートでは不利!?

また、審査項目で「アルバイトやパートは不利か?」と考える人がいますが、必ずしも、そのようなことはありません。毎月、安定して決められたお金を稼いでいれば、とくに不利になるものではありません。

アルバイトやパートでも自信をもって審査が受けられますので、「アルバイトだから・・・」とネガティブに考えないようにしましょう。

■別会社の返済状況の影響について

結果に大きく影響する審査項目では、「別会社の返済状況」があります。別会社からお金を借りていても大丈夫ですが、その返済が遅れていると、審査が厳しくなる可能性があります。

携帯電話の支払いやクレジットカードの引き落とし、その他の支払い状況について確認するようにしてください。

■結局、正直者が得をする!

審査項目で一番重要なポイントは、正直に自分の状況を伝えているかどうか、つまり、正直かどうかという点にあります。別会社の借入残高や借入件数などで嘘をつく人がいますが、それだけは、絶対にやめてください。

信用情報機関に登録されているデータにアクセスすれば、別会社との取引状況をも簡単に確認できます。

つまらないウソをついてしまうと、そのキャッシング会社が二度と利用できなくなることもあります。「正直者は得をする!」というつもりで審査に臨むのが、一番の審査の対策になるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です