消費者金融の融資可能額はどれくらい?

消費者金融を利用すると、「一体いくらまで借りられるのか?」と考えたことはありませんか?消費者金融は、銀行よりも高額融資ができないといわれますが、それでも最高300万円~500万円は限度額が認められています。

消費者金融の融資可能額は、法律の総量規制によっても影響を受けていますので、そのあたりの基本的な知識について確認してみてください。

■融資可能額と総量規制の関係について

まず、消費者金融の融資可能額は、金融機関ごとに「最高300万円」とか「最高500万円」などと決まっていますが、あくまでも総量規制の範囲内での融資となります。

総量規制というのは、消費者金融が守るべき法律の1つ、貸金業法に決められているルールのことで、融資の上限額を定めたものです。具体的には、消費者金融がお金を貸す場合、「借りる人の年収の3分の1を超える融資となってはいけない」というのが総量規制です。

年収300万円なら100万円まで、年収600万円なら200万円まで、という範囲内で融資可能額が決まっています。

■初回は融資額が少ないって本当?

また、消費者金融の利用履歴が浅い場合は、融資可能額が低めに設定されるのが一般的です。個人のお金の貸し借りでも同じですが、最初から大金を課すのは、「リスクが大きすぎる」というのが理由です。

消費者金融の利用が初めてで、いきなり限度額300万円、400万円となるのは、ごくごく稀なケースだと思ってください。最初は必要最小限の希望額を伝え、徐々に限度額を上げていくようにするのがポイントになります。

■融資可能額を増やすためにできること

融資可能額を増やすためには、自分の年収アップを目指すだけでなく、信用も上げていかなければなりません。毎月の返済を確実にこなすようにし、計画的に利用するだけで信用が上がります。

「この会員は信用できる!」と消費者金融に思われれば、オペレーターから「増額しませんか?」というお知らせも来るようになります。

■融資可能額が大きいおすすめの消費者金融!

できるだけ融資可能額が多い消費者金融を希望しているなら、プロミスを選んでみてはいかがでしょうか。

プロミスは、三井住友銀行グループという安心感があるだけでなく、最大500万円までの融資可能額が認められます。「運転免許証」などの本人確認書類を用意してインターネットから申込みをすれば、「最短30分」で今の融資可能額が確認できますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です