消費者金融 団体信用生命保険とは?

消費者金融の団体信用生命保険というのをご存知ですか。団体信用生命保険は、正確には、消費者信用団体生命保険と言うものです。

簡単にいうと、お金を借りた人が万一、事故や病気で亡くなった際、消費者金融が損失を回避するために加入してもらう保険のことをいいます。もちろん、加入する際の保険金は、消費者金融が支払うことになりますが、現在では、団体信用生命保険が廃止される方向で話が進んでいます。

■団体信用生命保険の問題点について

消費者金融の団体信用生命保険が問題となっているのは、会員の万一の時とはいえ、命と引き換えにお金を受け取っている、という点にあります。

消費者金融の会員が死亡したり、コードの障害を負ってしまった場合、最高300万円の保険金が消費者金融に支払われる仕組みになっています。

この保険は、遺族や家族に保険金が支払われ、そこから借金を返済するのではなく、直接、消費者金融が受取人になっている点に問題があるといわれています。利用者の側からすると、団体信用生命保険があるおかげで消費者金融が利用しやすくなっていますので、将来、消費者金融の審査がさらに厳しくなることもあるのではないでしょうか。

■もしものときの借金はどうなる?

しかし、自分に万が一のことがあった際、残った「消費者金融の借金がどうなるのか?」という点が分からない人が多いと思います。

自分が死亡した後の借金は、現金や預貯金などの資産とともに、相続人に相続されるのが基本です。ただし、資産よりも借金が多い場合は、相続人は、相続を放棄することができます。

つまり、自分が死んだからといって、残っている借金が家族にいくわけではありません。あくまでも、自分だけの責任で消費者金融からお金を借りれますので、家族の誰かに迷惑をかけるということにはなりません。

■消費者金融の利用は計画的に行う!

団体信用生命保険があるかどうかに関係なく、消費者金融の利用は計画的に行うのが理想です。

消費者金融のホームページには、返済プランを作るための「返済シミュレーション」が用意されているのが一般的です。

希望する金額や毎月の返済額を入力すれば、利息の負担額なども簡単に分かります。さらに、自分が返済できる毎月の返済額から、最高いくらまで借金できるかも瞬時に分かるようになっています。

消費者金融を利用する際は、必ずローン返済のシミュレーションを行って限度額を決めるようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です